NAVI
賃貸物件の管理業務をどうするか

賃貸物件の管理業務をどうするか

賃貸経営をするにあたっては、さまざまな日常管理業務が発生します。物件の管理業務には、家賃の集金・設備のメンテナンス・入居者の募集・退去時の対応・入居者からの要望への対応・居住者どうしのトラブルの解決など実にいろいろなものが含まれます。こうした賃貸物件の日常管理はオーナー自身で行うこともできますが、例えば経営初心者の大家さんなどですとかなり煩雑で難しいというのが現実です。そこで頼りになるのが、賃貸物件の管理業務を専門に請け負っている管理会社です。

最近はマンションやアパートの経営に関心を持つ人が増えてきていて、管理会社の数も増えてきています。物件の管理業務を行う業者それは「仲介」の業務にあたりますから、宅地建物取扱の資格を持つ不動産会社に仲介から管理までを一括して依頼することになります。入居の募集から入居後の建物や設備の管理までを一任できる不動産会社を経営のパートナーに選べば契約上のトラブル防止にもつながり大家さんとしては安心していられます。もちろん、仲介以外の日常管理業務については不動産会社以外でも行うことができますが、サービスの範囲、特に入居後のトラブルにも対応してもらえるかどうかについては契約前によく確認しておくと安心です。
Copyright (C)2017賃貸物件の管理業務をどうするか.All rights reserved.